平成28年11月、フラット35が今月も下がっています。全宅住宅ローンでは。

今日、日銀の黒田総裁は、当初の方針を変えて2%の物価上昇目標の達成時期を先送りすると発表しています。

これで平成25年から5度目になる変更とのこと。金融政策(景気)の後退がささやかれ、その影響は住宅ローンの金利にもでている模様。

社会の動きと、人生の住まいづくりの時期を調整しながら実行できたらベストです。

グラフは、過去9年間の推移です。とにかく最低金利のラインを更新している1年です。

0171e3f1f2cdc6a3637b62425a2fefe1