終活アドバイザーらしさ主催の「海洋葬(散骨)体験クルーズ」に参加してきました。

株式会社メモリアル スタイル

少子高齢化が進む中、故人が海にゆかりがある、母なる海に眠りたい、跡を残したくない、と海洋葬が注目を集めています。私が見た映画高倉健の「あなた」が思い出されます。

樹木葬と違って、法的な手続きが必要がなく、パウダー状の骨を水溶性の袋にいれて流します。体型により6~10袋になるそうです。

ちょうど散骨を終えた黒い服装の親族らしき方々が、下船していきました。

体験乗船なので、塩を入れた袋を流し、生花を流します。船の上からそれらしき儀式をして流してきました。

このような形もいいのかなと、参加者と反省会をしてきました。貴重な体験となりました。関係者の皆様ありがとうございました。

      

最近すっかり終活の話題となっていますが、冷静にそれらしきお客様方と自分とを見つめていきたいと思います。